Home > 総会報告 > 第52回 通常総会の報告

総会報告

第53回(令和3年度) 通常総会の報告

長野県ニューギニア会の第53回通常総会は、2月11日松本市の長野県護国神社・美須々会館で開催された。総会は1時に開会、南十字星の下に眠るご英霊と、昨年度亡くなられた会員物故者に対し黙祷を捧げた。
本田会長は「新型コロナ渦で2月の総会は無事開催できましたが、7月の慰霊大祭は役員のみで式典を執り行いました。しかし、現地慰霊巡拝団派遣は実施できませんでした。皆様のご協力により、3期、6年間にわたり大過なく会を運営できましたこと、心から感謝いたします」とあいさつした。

続いて、議長に安川幹事長が選出され議事が進行、第1,2号議案令和2年度事業報告、決算報告が上程され、審議の結果いずれも原案どおり可決承認された。
引き続き役員改選に移り、本田会長から新役員について提案があり、小池博之新会長以下代表幹事まで15名が満場一致で承認された。

就任あいさつで小池会長は「これまでの経験を活かして、伝統ある会の更なる発展のため微力ながら努めたい」と決意を述べた。新年度の事業計画について「新型コロナ感染症の収束が見えない中で、現地慰霊巡拝団の派遣事業は極めて難しい状況にあるが、夏の慰霊大祭、会報・椰子の樹の発行などの事業は続けていきたい」と提案があり、令和3年度の事業・予算案とも原案どおり可決承認された。


可決した主な議案内容は次の通り。

  1. 令和2年度収支決算報告
     収入総額 2,443,033円
     支出総額  809,483円
     (差額) 1,633,550円
         (翌年度繰越金)

  2. 令和3年度事業計画
    ・第53回ニューギニア方面慰霊大祭の開催
    ・7月24日(日)長野県護国神社
    ・第41回東部ニューギニア方面慰霊巡拝団派遣
    ・第4回西部ニューギニア方面慰霊巡拝団派遣
     (新型コロナ感染拡大のため、実施日未定)
    ・会報「椰子の樹」2回発行(1・6月)
    ・当会ホームページの維持管理、リニューアル
    ・第54回長野県ニューギニア会通常総会の開催
     (令和3年2月11日(木))

  3. 令和3年度予算
    収入総額 2,553,560円
    支出総額 1,869,000円

    主な支出(単位)千円
     慰霊大祭費 410
     慰霊巡拝費 450
       総会費 130
       広報費 394
       事務費  85
       次年度繰越金 684

  4. 新役員は次の皆さん
    会長   小池 博之
    副会長  長田 健治(会計兼務)
    同    成沢 勝人
    同    大久保 寛憲(事務局兼務)
    同    安川 叡春(幹事長兼務)
    同    宮島いく子
    監事   米沢 生久
    同    水澤 博人
    副幹事長 荒井 綏
    同    宮嶋 叙子
    北信代表幹事  竹村 淳
    東信代表幹事  大角 貞夫
    中信代表幹事  林 尚武 
    南信代表幹事  山崎 富士男
    同       三沢 卓夫